ページの先頭へ

トーレーサビリティー

トレーサビリティシステムの定義

食品のトレーサビリティシステムとは
原材料の出所や食品の製造元、販売先等の記録を貴重・保管し、食品とその情報を追跡できるようにすることです。
問題が生じた際の鯨飲究明や、問題がある食品の追跡・回収を容易にするとともに、食品の安全性や品質、表示に関する消費者の信頼確保のために行います。
生産、処理・加工、流通販売のフードチェーンの各段階で、食品とその情報を追跡し、遡及できる仕組み。
トレーサビリティシステムとは

履歴、由来を遡れること。
【原因への遡及】=トレーシング(tracing)、トレースバック(trace back)かつ、原因からその影響範囲を特定できること。
【製品の追跡】=トラッキング(tracking)、トレースフォワード(Trace forward)
農林水産省『食品トレーサビリティシステム導入の手引き』より

トレーサビリティシステムの定義

原料の仕入れから、製造。製品出荷までのプロセスを明確にすることで、品質管理を徹底し、安心・安全を提供いたします。
松原食品のトレーサビリティ
ショップ地図